FUJIFILM X-T10

フィルムカメラ(CONTAX S2b)を借りたので初めてのフィルムにKodak Portra 800を買ってみた

フィルムカメラ(CONTAX S2b)を借りたので初めてのフィルムにKodak Portra 800を買ってみた

僕にもついにフィルムカメラの波が到来。

お客さんとの会話の中でひょんな事からカメラの話になった。僕のお店のサイトで使っている写真を気に入ってくれたようで、そこから自然な流れで「どんなカメラを使っているの?」と。

僕はもはやFUJIFILMフリークといってもいいんじゃないかっていうくらいにFUJIFILMにはまっている。(と自分では思っている)

どうやらその方もカメラが好きなようで、カメラ談義に花を咲かせた。(しかも女性!)

フィルムカメラを使っていたらしいが、どうやら最近ではほとんど撮っていないとのことだった。フィルムカメラを使ったことのない僕としては羨ましい限りだった。

そのお客さんが「よかったら使ってみますか?」と。

こんなチャンスは滅多にないので、ぜひ使わせてもらいたいと今回お借りすることになった。カメラはCONTAX S2bといわれるもので、レンズはカールツァイスのプラナー1.4/85mmってやつです。

CONTAX S2bの外観とか触った感じ

フィルムカメラを使ったことがないので比較もできませんが、デジタルのものと比較すると本体は軽い感じですね。デジタルだと色々と機械が詰まってるんだからそりゃそうか。

っていうよりもレンズがめちゃくちゃ重い

僕がメインで使っているFUJIFILM X-T1にXF90mm F2をつけたものよりも、体感的にもしかしたら重いかもしれません。もしくはレンズとボディのウエイトバランスが悪いのか。

こちらもチェック➡︎ 2本目の純正単焦点、FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR買ったぜ!中望遠レンズが仲間入り!

デザインはクラシカルでめちゃくちゃかっこいい。ストラップホルダーの位置が前に来ている感じも新鮮で、なんていうか都会からの転校生が来た感覚に近い感じです。(どんな感じだそれ)

そしてこの持ち主であるお客さんがこのレンズを選んだ理由がまたかっこいい!

レンズのフォルムが美しかったから

だそうです。レンズの美しさに惚れて、カメラとか全然興味なかったのに買っちゃったみたいです。もう10年以上前でその当時の価格で10万円以上したそうです。

カメラに興味がない人が10万以上出せるほどの美しさを感じたそうです。すげえなその話。

操作部はシンプルな構成で(もちろんフィルムだから)、シャッタースピードとISOのダイアルがある程度。比較的フィルムカメラでも新しい形のものかもしれません。

これが10万円以上したカールツァイスのプラナー1.4/85mmかぁ…。持って帰るときにめっちゃ怖かったです。借り物だと特に。

確かに魅力を感じる無骨なデザインが特徴。どことなく表記はHelios 44-2 58mm F2に近い感じがしました。

こちらもチェック➡︎ オールドレンズ「Helios(ヘリオス) 44-2 58mm F2」の今さらレビューとFUJIFILM X-T10とで撮る休日

フィルムの入れ方がよくわからん

今までフィルムカメラなんて使ったこともないので、どこをどうやったらどうなるのかとかどうにも見当がつきません。誰か教えてください。

ここをこうやって開けてるとフィルムが入れられるところが開く仕組み。

なんとなくお客さんに教えてもらったんですが、いまいちよく覚えてません。確かこの左側にフィルムを入れて反対側まで伸ばす、そしてはめたら蓋を閉めて巻き上げるとか…。(あってんのかな)

この巻き上げレバーが新鮮で昔はこれで巻き上げて撮ってたんだなー。クラシカルなその構造にデジタル世代の僕はドキドキしっぱなしでした。

フィルムを買おう

とりあえずフィルムカメラなので、フィルムがないとただの鉄の塊です。しかもどこに行って、どんなフィルムを買ったらいいのか全くわかりません。

今回はさらにレンタル期間が限られているので焦ります。使い方のわからない自分がやらないといけないことがたくさんある。

  • フィルムを買う
  • フィルムをセットして写真を撮りに行く
  • フィルムを使い切る
  • 現像に出す
  • 写真をお客さんに見せる

という作業を次にお客さんが来るまでにやっておかないといけません。多分1ヶ月半くらいでまた髪を切りに来てくれると思うので、それまでには現像して写真にして見せてあげたい。

だとしたら早く届くのが一番!ということで色々フィルムについてみてみたんですが、Amazonさんで簡単に手に入りすぐに届けてもらえるこのKodak Portra 800ってやつにしました。

昨日注文して次の日届くとかやっぱりすごいねAmazon。っていうかこれちゃんと使えるんだろうか。

使い方もよくわかないので、ネットで色々と調べてみました。


この辺を参考にして挑戦してみました。うまく行くかな。

 CONTAX S2bに初めてのフィルムKodak Portra 800を入れてみた

開けてみると中には可愛らしいフィルムケースの入ったフィルムが。こんな小さいので写真が撮れるんだからすごいな。

フィルムをCONTAX S2bにセットしてみました。これで合ってるのかすらわかりませんが、いい感じに収まったので多分合ってるんじゃないでしょうか。

左の上にある引っ張り出したやつの下にフィルムを入れて、その先にあるやつを右側のくるくる回るやつの隙間に入れます。

そしたら右上にあるジーコジーコするレバーを回します。硬くてロックされている感じなら一回シャッターボタンを押しましょう。「カシャッ!」っていうとレバーがジーコジーコできるようになるので、やって巻き撮れるようにしましょう。

▼巻き取れなかったらシャッターを切りましょう。するとレバーが回るようになります。っていうかなった。

そしたらそのまま左上のレバーを下ろして、反時計回りに回します。(合ってんのかな)引っ掛かりがあるところまで回したらこれでオッケーっぽいです。

フィルムがぴーんって張るようならオッケーだと思います。これで巻き上げのレバーがロックされている状態ならシャッターが切れて写真が撮れる状態ってことだと思います。多分。

フィルムが収まったらフィルムのISOに合わせて感度を変更しておきましょう。このフィルムはKodak Portra 800なのでISOは800。それに合わせて本体の方のISOを設定しましょう。

最後に

ひとまずなんとなく形になりました。これでちゃんと撮れているのかわかりませんが、それも確認できないのがフィルムの面白いところと割り切りましょう。この36枚を丁寧に撮影していきたいと思います。

フィルムカメラは初めてですが、みんながハマる理由がなんとなくわかる気がします。

デジタルにはない写真を撮るときのシャッターの音の撮ってる感。巻き上げレバーを回す行為の楽しさ。撮ったその場では撮れたかどうかすらもわからないもどかしさ。便利になった時代だからこそ、敢えてそのめんどくさいプロセスを楽しむ。

どれもデジタルカメラでは経験できなかった大切な瞬間です。人間らしいといえば人間らしいのか。

今度の休みにでもこのカメラを持ち出して、色々撮ってみたいと思っています。湘南の海でも撮りに行きたいですね。

早く休みになれー!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね( ´∀`)

URL
TBURL
Return Top