FUJIFILM X-T1

曇ってたけど鯉のぼりを子供に見せるために近所の公園へ行って来ました

曇ってたけど鯉のぼりを子供に見せるために近所の公園へ行って来ました

いやー五月ももうこんなに経った。時間が過ぎるのが早いのと、なんだこの急な陽気は。夏かよ。

去年はこんなに暑かったかなー。って子供も1歳3ヶ月になったので、もう一年経つんだな。去年のこどもの日から。

うちの息子も去年のこどもの日には奥さんの実家にお邪魔して、お食い初めとまとめてお祝いした記憶があります。あれからもう一年が経ち、いっちょまえにうちの息子も歩くので近所の公園に鯉のぼりを見に行って来ました。

なかなかボロマンションでは大きな鯉のぼりを見せてあげられません。ですが近所の公園に大きな鯉のぼりがあったのを思い出して、そこへ連れてってあげたいと思いました。

先に言っときます!曇ってましたけどね!

鯉のぼりは曇ってるとイマイチだった

なかなか大人になると公園なんて行かないんですけど、子供ができると散歩したりするので自然と公園とかに目がいくようになったりします。

鯉のぼりとか存在自体忘れてましたけどね。

なかなか大掛かりな鯉のぼりでしたが、あいにくその日は曇っていてなんだか渋い色合いの鯉のぼり日和でした。真っ青な空だったらもっといい感じになってそうでしたが、僕が雨男なのをすっかり忘れてました。

息子も初めて見る大きな鯉のぼりにちょっとテンション上がってましたが、結論から言うと公園にテンション上がってただけでした。

広い公園内は子供にはたまらないらしい

ちょうど平日のお昼時だったので公園内は貸切状態。ボール遊びする子供たちもいなかったので息子を自由にあそばせることができました。

靴を履き始めてからは積極的に歩こうとしなかったので「歩くのがあんまり好きじゃないのかな?」と思ってました。

でも公園内でベビーカーから降ろしてあげると、自由自在に動き回ってました。歩くの好きになってよかったぜ。

滑り台やブランコもやったよ

初めて滑った滑り台や、ブランコなどの遊具にも興味を示してました。怖がるかと思ってたんですが、意外と大胆に登ったりしてました。

真顔で何事もなかったかのように母上の足を踏んでる。いいぞ、もっとやれ。

さすがにブランコは一人じゃ無理でした。

七転び八起きです。

公園には遊ぶものがたくさんあって子供の頃を思い出せるのでオススメ

ひとしきり遊具で遊んだ後は落ち葉や枝を拾って遊びました。子供の頃はこんなので一日中遊んでたのを思い出しましたね。懐かしい。

さすがに下に落ちてる砂利を食べてた時には、我が子ながら「ワイルドだな」と思いました。

特にこの大きな石ころがお気に入りだったみたいです。

なんかベンチがちょうどいい高さでお店屋さんごっこをしたりしたんですが、このお店ではこの石ころは非売品のようでした。いらないけど。

最後に

公園、いいっすね!…いや、鯉のぼり見に来たんだった。

童心に帰れる公園はたまにいくといいものですね。曇ってなかったらもっとよかったのに。雨男万歳。

貸切状態の公園は懐かしさと切なさと心強さに溢れていたので、たまに行ってノスタルジックな気持ちに浸って涙するのもいいなと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね( ´∀`)

URL
TBURL

Return Top