FUJIFILM X-T10とXF35mm1.4Rで撮る夜カメラ-その1-

FUJIFILM X-T10とXF35mm1.4Rで撮る夜カメラ-その1-

バイクが壊れました。

多分バッテリーが切れた(っていう表現であってるのかな?)んだと思うんですけど、そのあたりは管轄外なので全くもってわかりません。

エンジンがかからなくなり、うんともすんとも言わなくなったので非常に困りました。ということで通勤は徒歩。まあ歩いて15分くらいなんで「バイクなんか乗らずに歩けよ!」と言われそうですが、このチャンスに通勤途中に写真を撮ってみようかと思っています。

朝はなんとなくバタバタするので、帰りの時間にでもいろんなルートを通ってスナップを撮るぞー!

あ、シリーズ化するかもなので「その1」です。




撮るのはやっぱりFUJIFILM X-T10とXF35mm1.4R

って言ってもこれしか僕のラインナップでは出てきませんけどねw

夜の撮影だとどうしても明るさが足りないのでやっぱりレンズは明るめ・高感度で撮ることになります。今回撮ったのは多分ISO1600とか3200だったと思います。(もはや覚えてない)

絞りはもちろん開放1.4で。シャッタースピードは明るさによって1/30-60くらいだったかな。

撮る場所によっては車のライトや照明によって明るさが確保できることもあるので基本的にはシャッタースピードだけをいじって、足りなければISOもあげて…と言った感じで撮ってきました。

夜の通勤ルート

普段通っているところですが夜になると写る景色も急にドラマチックになりますね。

ましてや照明によってスポットライトが当たっているので、何を撮りたいかというのも伝わりやすくていい。

いろんな人の写真を見てきましたが、意外と夜の作例って少なくて。やっぱりやりたいのはこういうボケボケのアウトフォーカスの写真。適当に撮ってもなんとなくいい感じになるので。

これはもうちょっと絞ればよかったなと。ピントが浅いのでフェンスってわかりづらいっすね。まだまだですな。

ブレちゃった。手持ちは寒い夜にはちょっと厳しい。誰かフォトグラファー用の手袋買ってください。

⬇︎この無人のベンチの写真がこの日のいちばんのお気に入り。

ちょうど陸橋の下にあるので、差し込む街灯の光がスポットみたいでいい雰囲気でした。昼までは出せないこの寂しさは夜カメラならではですね。

最後に

いやー楽しかったです。

また帰るルートを変えて色々撮ってみようかと思いました。たった15分の間にでも面白い被写体はたくさんあって、「夜」っていうシチュエーションがよりワクワクさせてくれます。

人が少ないのもまた嬉しいところ。(撮ってても変なおじさん扱いされない)

やっぱりカメラって楽しい!( ^ω^ )

続編はこちら➡︎ FUJIFILM X-T10とXF35mm1.4Rで撮る夜カメラ-その2-

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね( ´∀`)

Sponsored Link




他のカシャっと!

人気のカシャっと!