写真で振り返る箱根への家族旅行

写真で振り返る箱根への家族旅行

1泊2日の箱根旅行へ行ってきました。

家族旅行の思い出としてたくさん写真を撮ってきたので、写真を見返しながら箱根を振り返ってみたいと思います。




休みの朝はアルコールから始まる

駅のコンビニで見かけたのでつい買ってしまいました。普通のキリンとの違いがわかりませんでしたが、きっとこれが横浜の味なんでしょう。

こいつは早速寝てましたがね。

箱根へ向かうには小田原へ向かう。ちょうちんでかい。

ついついこういう駅のホームや誰もいない駅構内撮りがち。なんか旅が始まる感じがして好き。カメラあるある。

箱根登山鉄道ってのに乗ります。外人さんが多くてさすがは観光地といったところ。

この旅で一番ワクワクしてたのがこの方。

箱根登山鉄道にのる

箱根登山鉄道は6月に紫陽花との描写で有名ですが、この時期ではさすがにまだ咲いていませんでした。「箱根登山鉄道 紫陽花」とかで写真が出てくるのでそれで我慢しましょう。あじさい電車って言うらしいです。

息子も運転手さんをみてテンション上がっております。

箱根彫刻の森美術館

ホテルのチェックインまでに時間があるので、前から一度行ってみたかった彫刻の森美術館へ。

造形物やオブジェがたくさん外にある美術館で、子供の散歩がてらちょうどいいかなーと。アートなものがその辺に色々ありました。理解はできないけど。

結構アップダウンがあるのでいい運動になりました。

うちの息子はどんどんどんどん進んではいろんなものに興味を持ってました。

美術館内を回るカップルの仲を引き裂こうとしたりしてました。

工事中のパーテーションにも興味津々。それはアートじゃない。

季節は春ですが、紅葉している感じのがあったのでカシャっと。秋の気分を先取りです。

たくさん歩いて疲れたのか、芝生で昼寝をしている人もいました。アートです。よくわかりませんがアートです。

アートの横にあるプレートを全力で外そうとしているアートもありました。いや、息子でした。

ピカソ推しが露骨に出ております。

ステンドグラスの塔みたいなのもありました。よく音が響きます。

個人的にこれが一番好きでした。目玉焼き。

建物の中には子供が遊ぶのにもってこいの空間が。知らなかったけど息子が遊ぶのには最高の空間でした。

出られなくなったのだった。

なかなか楽しめたんですが、メインで行きたかったものが改装中だったのでそこだけが残念でした。天気もいいと良かったんですけど、僕は混じりっけなしの雨男なんで曇ってましたね。寒かったです。

そういえば鯉のぼりを見に行った時もそうだった。

ホテルへゴー

再び箱根湯本駅へ戻ってきて、ここからホテルへ向かいます。温泉街はやっぱりいい感じの風情がありますね。

今回泊まったのは星野リゾートの「界 箱根」です。モダンな雰囲気のホテルです。

新婚旅行も僕らは星野リゾートだったので、もうこうなったら日本の星野リゾートを全部回ってやろうと思ってます。

100%のオレンジジュース。酸っぱかった。

ホテルでは日常の疲れを吹っ飛ばすために全力で楽しみました。

ここでもティッシュマジックを披露する息子。イン箱根。

みんなが寝静まった後、一人で箱根を飲み干す。まあ、朝から飲んでるんですけどね。

朝を迎えると光の入り方が素敵でした。こんな雰囲気の写真が好きなんだよなー。ノスタルジックというか、陰影が絶妙というか。マニアック。

朝は露天風呂で日本酒を。切子がなかったのでエスプレッソを入れるグラスで。ダサい。

寝るのが遅かったせいかこいつはまだ起きてこない。

むくり。

まだ起きておりません。ねむ。

真っ白なホテルのシーツは幾つになっても苦手です。

鳥のさえずりを聞きながらエスプレッソを。違いがわかる男。ダバダー。

朝ごはんをかっくらって帰りましょう。

お腹いっぱいでハッピー。

このあとはとっとと帰って現実に戻りました。短い時間でしたが、写真もたくさん撮れたし思い出ができました。詳細はまた別記事で書きますです。

最後に

なかなか家族旅行っていけないんですけど、やっぱり年に一回くらいは行きたいなーと改めて思いました。のんびり過ごすもよし、観光に命をかけるもよし、酒に溺れるもよし。

これからまたしばらくいけなくなるかもしれないので、行きたくなったらまたこの写真を見て心を落ち着かせましょう。

またいろんなところに家族でいこうな。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね( ´∀`)

Sponsored Link




他のカシャっと!

人気のカシャっと!